2018.01.12

☆スヌーズレン☆

こんにちは。みなさんお元気ですか?
今日はスヌーズレンについてお話ししたいと思います。

先日、重心さくらに千葉市桜木園のコーディネーター、脇阪さんが
いらしてくださり、スヌーズレンについて色々教えてくださいました。
みなさん、あまり耳にしたことがないかもしれませんが、
スヌーズレンとは、重度知的障がい者を魅了する
感覚刺激空間を用いて、最適な余暇やリラクゼーション活動を
提供する実践であり、また、そのプロセスを通して
構築されてきた理念でもあります。
何だか難しいですが、具体的にお話しすると
部屋を暗くして、光や音や音楽、感触や様々な香りなどを
体験できる素材を揃えた環境を作ることです。

そして、その空間を支援者とともに共有、共感できれば
よりよいスヌーズレンの環境が作れたことになるのではないでしょうか。
人によっては、暗いところが苦手、狭いところが苦手、つまらなくて
寝てしまうなど、動きのない活動なので、好きな方と苦手な方と
いらっしゃいます。そのため、表情や様子を見ながら支援者が見極めることが
大事だと脇阪さんもおっしゃっていました。

この日に体験したメンバーさんは、ジッと光を見つめたり
触ってみたり、興味を持ってスヌーズレンを感じていました。
そして私たち支援者にとっては、そんなメンバーさんの素敵な表情や、
好きなものに改めて気付く「気付きの場」となると
脇阪さんはおしゃっていました。
ただ一緒に眺めているだけでなく、スヌーズレンという環境を
作るということの意味を理解して、素敵な空間をこれからも
共有したいと思いました。