生活クラブ風の村いなげ も 構成メンバーとして自治会に加えていただいている お隣の団地で、

住民の方々との合同の防災訓練を実施しました。

 

 

稲毛消防署のみなさんにも、講師として ご協力いただきました。

 

 

非常食の作り方を いっしょに確認しましたが、いつの間にか、みなさん お手伝いくださいます。

50食が お湯で15分、水でも60分で出来上がります。パックや割り箸もセットされていて、

ご参加のみなさんに お持ち帰りいただきましたが、今回は「山菜おこわ」で、おいしく出来ました。

 

 

救急救命の講習では、豊富な事例と迫真の演技で わかりやすく説明してくださいます。

 

 

胸骨圧迫(心臓マッサージ)では、人形を使って 体験しました。

 

 

操作手順を習って、水消火器も使ってみました。こうやって、みなさんと共同して訓練を行い、

普段から 防災や防犯の意識を高めておくことは 大切なことだな と、実感しました。