2018.04.22

【いなげ】 食べたい気持ちになる食事

 

「春に三日の晴れなし」

季節の変わり目は、ご入居・ご利用のみなさんが 体調を崩されることのないように、

しっかりと気を配った支援が 必要な、職員としても 気合の入れどころです。

 

 

生活クラブ風の村 では、

体と心が満たされる、おいしく 楽しく 安心な 食事の提供を 心がけています。

 

 

 

4月15日(日)は、「ごはんくらぶ」の日。

サポートハウス稲毛 ご入居のみなさんで、キャベツたっぷりの お好み焼きをつくりました。

 

 

 

みなさんで、たくさん焼いて、たくさん召し上がっていただきました。

 

 

4月18日(水)の 行事食は、握り寿司です。

 

 

デイサービスセンター稲毛では、お寿司屋さんのカウンター席を イメージした演出。

 

 

 

6種類のネタから、お好きなものを もうひとつ選んでもらって、7貫で一人前。

どれにしようか迷ったり、板前さんに注文して 握ってもらったりと、にぎやかです。

 

大切な食事の時間を、工夫を凝らして、楽しい時間となるように していきます。