2017.07.31

どうやって使おうかな??

少し前、園庭の外玩具に

長い竹を縦に切ったものを新しく置きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちにはこの竹がどんなふうに見えて、どうやって遊ぶのかな・・・?

わくわくしながら様子を見ていました。

 

①夏といえば!「流しそうめん」

 

 

 

 

 

 

 

砂場で3才の男の子たちが竹を重ねて、滑り台のようなものを作ります。

そして、泥で作っただんごをコロコロと転がしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだんとあそびが展開していき、

場所は1才のテラス前へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホースの水を流し始めました。

水の勢いで流れが速くなり、もっと面白くなってきました!!

でも、泥団子を水で流すとどうなってしまうかというと・・・壊れてしまいますよね。

代わりに草を入れてみると流しそうめんのようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

気になった周りの子も集まってきて、もっともっと長い流しそうめんの台ができました。

 

 

 

 

 

 

 

②バランス力も試されます……「橋」

竹を2つ並べてみると、

なんだかこの上歩けそう!

橋のように上を歩いて渡ります。

竹だから平らではなく丸くなっていて、意外とフラフラしてしまいそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

別の日には、水がたっぷり溜まった穴に竹を並べ、

 

 

 

 

 

 

 

池に橋が架かっていました。

 

 

 

 

 

 

 

ただ竹を2つに切っただけのものですが、

子どもたちの頭の中でいろいろなものに姿を変えて

あそびの中で大活躍しています。

 

「この竹がこんなふうに見えたのか!」

「そうやって使えるんだね!面白い!」

大人が一緒に感動できたら、子どもたちの想像する力や自信はさらに高まります。

いろんなことが思いつく力は大人になってもきっと役に立ちます。

 

子どものあそびに目を向け

「この子は今こんなことを感じて、考えているんだな。」と子どもの思いや成長に寄り添って、

時にはヒントを与えたり…何も言わず見守ったり…していきたいと思います。