2017.05.20

デスカンファレンス

生活クラブ風の村定期巡回ステーション八街

4月1日に始まった定期巡回サービス。4月中に亡くなったかたがおり、利用者本人やご家族とのかかわり方に対してカンファレンスを行いました。

人間の終末期にかかわり、自分で心がけたことや感じたことをみんなでディスカッションすることで気持ちの整理ができたようです。介護職としての役割、利用者の家族に寄り添うこと。それが家族にとってとても支えになること。

これからも続けていくことになるだろう。