七夕の7月7日が終わって、7月10日(月)七夕送りが行われました。

 

笹に火をつけ煙にすることで、煙に乗って天まで願いが届くと言われています。

みんなが一生懸命書いた短冊、その一つひとつの願いが叶いますようにと願いを込めて。

 

みんなの願い事を少しだけ紹介しました。

「保育園で元気に過ごせますように」

「ウルトラマンみたいに強い男になれますように」

「看護婦さんになりたい」

などなど…将来なりたいもの、欲しいもの、健康を願うもの、いろんな願いごとがありました。

“ささのは さらさら~”と子どもたちの歌が心地よく園庭に響く中、燃える笹や短冊。

あっという間に煙となって空に伸びていきました。

小さな願いごとから、大きな願いごとまで…みんなの願い、天まで届くといいな♪