2018.05.31

大きな優しさ

入園・進級から早いもので2ヵ月が経ちますね。

 

新しい環境にも慣れてきて笑顔が多く見られたり、

泣かずに過ごせる時間も日々増えています。

 

小さい子が泣いていると

すぐに飛んできてくれるお兄さんやお姉さん。

 

大人が何も言わなくても

さっとティッシュをとって優しく涙を拭いてくれたり、

ぎゅっと抱きしめてくれます。

 

 

保育園の中ではまだまだ小さい子たちも

「ちいさいね」「かわいいね」「なかないよ」

と、覚えたての言葉を並べて

自分より小さなお友達の頭をそっとなでてくれます。

 

大丈夫。

涙の後は、優しく温かい心に包まれます。

 

泣いていなくても困っている様子を見れば

すぐに誰かが来て、優しく手を差し伸べてくれます。

 

 

風の村保育園は

小さな子どもたちの大きな優しさでいっぱいです。

 

そんな小さな友情・愛情を大切に見守りたいと思います。