2017.08.29

第1おおぞら学童「夏休み」

こんにちは!第1おおぞら学童です。夏休みもあとわずかとなりました。夏休み中の手作りおやつや子どもたちの様子をお伝えします。子ども達は虫取りに夢中です。晴れた日には虫網を持って少し遠い公園まで歩きます。バッタ、かまきり、とんぼ、せみ、カナブン、コオロギ、そしてトカゲやイモリ、セミの抜け殻。捕まえた時には大歓声です!

そして雨が続いた日にはお部屋で自由遊び。わらべうたの「あんたがたどこさ」のリズムにあわせて手足を使って遊びます。なかなか難しくて子ども達は何度も挑戦。お部屋に「あんたがたどこさ、ひごさ~」と子どもたちの歌声が響きます。

そしてドミノやプラ板。器用に上手に遊びます。そして色も考えています。子どもの発想は素晴らしい!!ペットボトルに色付け、切って、焼いてかわいいオリジナルのビーズやプラ板で作ったキーホルダーが出来ました!

遊んだ後はおやつもたくさん食べました。いつもお世話になっている小学校からゴーヤをたくさんいただいた日には、ゴーヤチャンプルーを作り食べました。キュウリの一本漬と枝豆、ふかしイモのメニューの日には汗をいっぱいかいた子どもたちには冷えたきゅうりの漬物が大人気でした。ポリポリ、カリカリとおいしそうに食べていました。そして8月21日の登校日にはラーメンを作りました。久しぶりに学校に行き、「ただいま~」と帰ってくると「あつい~」「おなかすいた~」と、とってもにぎやかです。そして8月22日のおこづかいの日、100円を持って駄菓子屋さんへ自分のおやつを買いに行きました。「何食べる?」「これ買った時、美味しかったよ!」など楽しそうな会話が聞こえました。

暑い日にはお昼を食べると疲れて横になりたい子が毎日数名「布団出して!」と言ってきました。横になり本を読んでいるうちに中には本当に眠ってしまう子も・・・。リラックス出来ていること、嬉しく思います。

静かに体を休めた後の子ども達はパワー全開です!今年も子ども達はたくさん食べて、たくさん遊んで笑顔いっぱいの夏休みでした!