2018.01.27

第2おおぞら学童「おたのしみ会」

大変遅ればせながら明けましておめでとうございます。

第2おおぞら学童です。

 

既に昨年末のこととなりますが、

おおぞら学童では毎年の恒例行事、おたのしみ会を実施しました!

 

おたのしみ会とは、

3年生がゲーム等を企画して1、2年生に楽しい時間を提供してくれる行事です。

今年度は第1学童と分かれて初のおたのしみ会であり、

3年生の少ない第2学童はドキドキハラハラで準備・本番に臨みました。

 

企画その1【迷路】

 

数少ない3年生の中でも、

特に男子が中心となって頑張って準備してくれた力作の迷路です★

建物の2階で実施しました。

人数が少ないからこそ自分の役割に責任を持って、

時に大人より真面目に準備に取り組んでくれました。

 

迷路の中には宝箱が隠されていて、

宝箱の中にはクイズが入っています。

 

キラキラと輝く宝箱。

見ているだけでワクワクさせてくれますよね。

 

企画その2【ぶんぶんゴマとトントンずもう】

 

1階では、子どもたちがモノを作ってその場で遊べるスペースを設けました。

ぶんぶんゴマもトントンずもうも子どもたちに人気の遊びで、

当日も楽しそうに作ったり遊んだりする子どもたちの姿が見られました。

 

作り方を覚えた3年生が優しく1、2年生に教えてあげる姿は、

学童ならではだなぁと微笑ましいものでした。

 

ぶっつけ本番で役割を担った3年生の子も、

それぞれのキャラクターを活かして企画に取り組んでくれていて、

大人の予想を遥かに上回るその責任感と実行力に感服したおたのしみ会となりました。

 

当日、楽しそうにはしゃぐ1、2年生を見て、

「楽しそうでよかったね」と話しながら歩く3年生の女の子、

一生懸命作った迷路ではしゃぐ1、2年生に、

壊されないかと慌てて心配する3年生の男の子。

 

人数が少ないからこその団結が見られ、

支援員の気付かないところで成長しているのだなぁと実感させられました。

 

また2年生も、同じ班になった1年生を優しくリードしてくれ、

1年生はそれにしっかりとついていき、

一列になって移動しながら遊び回る様子がとても可愛らしく、頼もしくもありました。

来年の3年生、2年生も、期待大ですね♪

 

おたのしみ会で実施した企画は、

2月下旬の行事「あそぼう会」でも実施されます(一部企画を除く)。

あそぼう会では子どもたちの友人や、

いつもお世話になっている地域の方々などをお招きし、バザーなどを催す行事です。

その際には是非、皆様お誘い合わせの上おおぞら学童にいらしてください!

おおぞら学童の愛すべき子どもたちと支援員が、

精一杯おもてなしさせていただきます☆