みなさん、こんにちは。このところ少し春めいてきたと思ったら
また、気温が下がり、まだしばらく寒さが続きそうですね。
春が待ち遠しいです。

 

さて、今回の重心さくらでは、節分の様子をお伝えしようと思います。
節分といえば、私の子供のころは「おにはそと~ふくはうち~」と部屋や庭に
豆をまいたものですが、今は恵方巻を食べ、お掃除が大変なので小袋入りの
豆を投げるのが主流のようですね。
年の数だけ、豆を食べるというのも最近聞かないような気がします。
でも、昔から変わらないのが赤鬼と青鬼ですね。

もちろん重心さくらにも、赤鬼と青鬼登場しましたよ!
鬼は悪役ですが、メンバーさん達怖がるというより
なんだかうれしそう。。。
それは、もしかして、赤鬼の正体が竹内所長だとバレているから??
それとも迫力にかけるから??
そして、このノリノリの青鬼!!
メンバーさんの1人が率先して(笑)引き受けてくださいました。
とっても似合っていますよね? 赤鬼と青鬼はデイサービスにもお邪魔しました。

 

鬼を退治するはずなのに、メンバーさん達もなぜか色とりどりの
手作りの角をつけています。
角を付けただけで、テンションが上がり楽しそう!!
みんな鬼になりたかったのですね。
小袋入りの豆で、鬼たちが鬼を退治するというちょっと変わった
重心の楽しい節分でした。

重心さくらにたくさんの福がおとずれますように!