2017.11.16

5歳 まきまきパン

5歳児が風の杜ひろばにて、まきまきパンとみそ汁作りを行いました!

年長児だけの特別な行事が増えてきてこの日もエプロンと三角巾を用意し、楽しみにしていました。

朝、風の杜ひろばまでたくさんの材料を運ぶのもへっちゃら!

「全然重くないよ!」と頼もしい子どもたち。

 

毎年、火起こしや調理のお手伝いをしてくださっている子育て協議会の羽佐田さんと一緒に、クッキングスタート!

「柔らかそうなのにけっこう力がいるな~」

「きもちい~~」

子どもの手では力も時間もかかりますが、最後まで友だちと協力しながら行っていました。


 

 

 

 

 

 

生地を発酵させている間は、みそ汁作り。

にんじん、だいこん、ねぎ、油揚げの具を包丁を使って切りました!

何度か包丁を使う経験をしているため、猫の手にすることを気をつけながら切ることができていました。

 

 

 

 

 

 

 

味噌をとくのは初挑戦!!

「おいしくなっているかな~?」

 

 

 

 

 

 

 

生地が発酵し、羽佐田さんにパンの巻き付け方を教えてもらいながら竹の棒にパンを巻いていきます。

くるくる回しながら火にかけ、きつね色に焼けたら出来上がり☆

火の近くは熱く、煙があるため、その中でじーっと焼き上がるの待って出来た自分のパンは、とても美味しかったことと思います。少し焦げてもそれも味!

 

 

 

 

 

 

 

パンを巻いた竹の棒と給食を盛り付けた竹の皿は、子どもたちと一緒にのこぎりを使って切ったり、ナタを使って割ったりして準備しました。

 

 

 

 

 

 

 

みそ汁もパンをたくさんおかわりをして、デザートには焼きマシュマロも♪

「あまくておいし~!」

「キャンプの時にやったことある!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分が食べたものは自分で!」と、子どもたちがすすんで洗い物やテーブル拭きを行う姿もありました。

きっとお家でもお手伝いをしているからなのでしょうね。

いろいろな経験を積み、自立へ向かってどんどん大きくなっている子どもたちです。