2017.04.20

2017年度アートの日

今年で3年目となるアートの日。

2017年度のアートの日は4本立てです!

①季節のあそび

それぞれの季節の気候や自然を取り入れ、

色の変化や肌に触れた感触を

楽しめるようなあそびを考えています。

②ダンボール・廃材あそび

園庭に置かれたダンボールや廃材を使い

自分の中にあるイメージを形にできる環境をつくります。

要望に応じて新たに道具を出すなど、子どもたち主体で活動が展開されていくことを大切にしていきます。

切ったり、貼ったり、組み立てたりの経験もたくさん積んでほしいですね!

 

③イーゼル

「描くこと」を大切にした活動です。

見たもの、体験したもの、においや味、生活の中で感じた様々な記憶を自分の手を動かして大きな紙に表現します。

手に取った画材の色や線、描き心地によっても絵の表情は変わります。

描くことを通して手を器用に使ったり、自分の思いを表現する力を身につけてほしいと思います。

 

④折り紙

正方形の1枚の紙がいろいろなものに変身する折り紙。

折り紙の本を見て、「これほしい!これがかっこいい!」と言う子どもたち。しかし、折り方が複雑なものは完成する前に心が折れてしまいます。

アートの日(折り紙)では、子どもたちが自分ひとりで折ることのできそうな簡単なものから始めて、

ひとつひとつ丁寧に折ることを大切にし、回数を重ねるごとに少しずつ複雑な折り方を取り入れていきます。

自分で折れた達成感を味わいながらいろいろな形を作れるようになってほしいです。

今年の4本立てアートの日、

子どもたちはどんな反応をして、どんな作品をつくるのか、私たちも楽しみです!