生活クラブ風の村はぐくみの杜君津

子ども・児童のためのサービス

児童養護施設

①はぐくみの杜は、大人の関係性で子どもを育みます。
②はぐくみの杜は、敷地内に6軒の家があるアットホームな環境の児童養護施設です。

住所 299-1104 君津市糠田64 (地図
電話番号 0439-70-1117
FAX番号 0439-70-1116
サービス内容 児童擁護施設
児童養護施設は児童福祉法に定められた児童福祉施設です。(第41条:保護者のいない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童を入所させ、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その自立のための援助を行うことを目的とする施設とする)
定員 男女40名(2歳~20歳)
理念 ①尊ばれ、癒され、育まれる
~子(こ)どもたちが、かけがえのない存在(そんざい)として尊(とうと)ばれ、安全(あんぜん)で安心(あんしん)な生活(せいかつ)を継続(けいぞく)し、癒(いや)され、丁寧(ていねい)できめこまやかに育(はぐく)まれる場(ば)です~
1. 家庭的(かていてき)で安心感(あんしんかん)を持(も)てる環境(かんきょう)で、大切(たいせつ)にされる体験(たいけん)を積(つ)み重(かさ)ね、自己(じこ)肯定感(こうていかん)(自尊(じそん)心(しん))を取(と)り戻(もど)していきます。
2. 職員(しょくいん)の専門性(せんもんせい)と適切(てきせつ)な連携(れんけい)の中(なか)で、子(こ)ども期(き)の健全(けんぜん)な心身(しんしん)の発達(はったつ)が保障(ほしょう)され、愛着(あいちゃく)関係(かんけい)と基本的(きほんてき)信頼(しんらい)関係(かんけい)が形成(けいせい)されます。
3. 子(こ)どもの自己(じこ)実現(じつげん)を目指(めざ)し、主体的(しゅたいてき)な活動(かつどう)が受容(じゅよう)されるとともに、様々(さまざま)な生活(せいかつ)体験(たいけん)を通(とお)して、自立(じりつ)した社会(しゃかい)生活(せいかつ)に必要(ひつよう)な力(ちから)を育(はぐく)みます。
4. 地域(ちいき)や社会(しゃかい)との連携(れんけい)の中(なか)で、子(こ)どもの発達(はったつ)を保障(ほしょう)する、たくさんのサポートを受(う)けることがきる、社会(しゃかい)に開(ひら)かれた場(ば)です。
5. 子(こ)どもたちが家族(かぞく)との関係(かんけい)を回復(かいふく)し、安定(あんてい)した気持(きも)ちで生活(せいかつ)していけるよう、精神的(せいしんてき)ケアや心理的(しんりてき)ケアにより専門的(せんもんてき)に支援(しえん)されます。
6. 食事(しょくじ)を中心(ちゅうしん)とした日常的(にちじょうてき)な生活(せいかつ)の営(いとな)みの積(つ)み重(かさ)ねの中(なか)で、子(こ)どもたちが健(すこ)やかに成長(せいちょう)します。
②はぐくみの杜は、たんたんとした何気ない生活の営みの積み重ねと、はぐくみの杜の大人や地域の大人と関わることそのもので、社会的自立につながることを目指しています。
③~すべては子どもたちの笑顔のために~
水のように潤い
山のように佇み
太陽のように明るく
川のように流れ
空のように澄み
風のように撫で
鳥のように囀り
草花のように囲み
星のように輝き
海のように抱きしめ
空気のように関わる
そんなふうでありたい

大きな地図で見る