2013.05.10

「みんなでつくろう!」障害者差別をなくす法律・条例を考えるフォーラム

 6月16日(日)に標記のイベントが開催されます。
 政府は、今通常国会に、障害者差別解消法案を提出しました。07年に国連が障害者の権利条約を採択し、日本はこれに署名しましたが、国内法の整備ができず未だに批准していませんでした。しかし、民主党政権になって、法整備が一挙に進みました。障害者基本法の大幅改定、障害者虐待防止法の制定が成り、差別禁止法の制定が最後に残った課題だったのです。昨年暮れの政権交代により、制定が危ぶまれましたが、閣議決定し、国会に提出されるところまできました。この法案要綱は、下記のサイトで見ることができます。最大の特徴は、行政機関や事業者に合理的配慮義務が課されることです。合理的配慮とは、例えば聴覚障がいの方から生活クラブ風の村の就職試験を受けたいとの意思表示があった場合、健常者と同等のコミュニケーションが可能になるよう、手話、要約筆記などその人のニーズに合わせた「合理的配慮」を講じなければならないということです。国、地方自治体などの行政機関は合理的配慮が義務付けられます。法案作成の過程で、民間事業者の場合は「努力義務」に後退しました。また、「負担が過重でないとき」という条件付きではありますが、それにしても画期的です。http://www.kyosaren.com/governmentReport/%E2%91%A0%E8%A6%81%E7%B6%B1.pdf

 千葉県では、全国に先駆けて障がい者差別を禁止する「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」ができました。この条例は、難産の末でしたが、千葉県ではかつてなかったような広汎な県民運動の力で制定したものです。その経過は、条例のある街(野沢和弘著、ぶどう社)に詳しく、私の名前もちょこっと出てきます。その後、北海道、熊本、岩手、さいたま市、八王子市がそれぞれ差別禁止条例を制定した、その流れが、今回の法案提出につながったのです。その意味で、万感の思いがあります。

 6月16日には、内閣府の山崎史郎政策統括官、条例をつくった自治体の職員などが登壇し、この法律の意義、今後自治体に期待されることは何かなどの議論を行ないます。どうぞ、奮ってご参加ください。

みんなでつくろう!」

障害者差別をなくす法律・条例を考えるフォーラム 2013

開催要綱

?障害者基本法の差別禁止規定の改正や、障害者雇用促進法における差別禁止規定の整備、さらに障害者差別解消法案の上程など、現在、我が国では障害者の権利に関する条約の批准に向けて、障害者の自立と社会参加を保障する法制の整備が急速に進められています。                                               このような国の動きに先行し、すでに千葉県をはじめ複数の自治体が、独自に障害者差別をなくすための条例を制定し共生社会の実現を目指す取組みを進めており、今後さらに条例を制定する自治体は増加するものと考えられます。                   今回のフォーラムは、千葉県内の幅広い障害者団体等が共催し、障害当事者や家族、自治体職員のほか、広く一般市民を対象に、法案の内容を学ぶとともに、国に先立ち取組みを進める自治体の関係者を招いてその成果や課題を互いに確認し、法制化を見据え今後、自治体に期待される役割はなにか。また、当事者・家族は法律や条例をどのように活かしていけばよいかを考える機会として実施するものです。

?【日時】2013年6月16日(日)13時~

【場所】和洋女子大学 西館1-4教室(千葉県市川市国府台2-3-1)

【主催】障害者差別をなくす法律・条例を考えるフォーラム実行委員会

千葉県手をつなぐ育成会・千葉市手をつなぐ育成会他、千葉県内障害者団体(依頼中)

【後援】内閣府・千葉県・千葉県内障害福祉関係団体など(依頼中)

【参加費】無料(当日カンパ箱を設置の予定)

?<プログラム>

・開会あいさつ     高梨憲司氏(千葉県障害者差別調整委員会 委員長)

・基調報告「障害者差別解消法案とは」 山崎史郎氏(内閣府 政策統括官)

・シンポジウム?「これまで~障害者差別をなくす条例の成果と課題」

シンポジスト:障害者差別禁止条例制定自治体(北海道・岩手県・熊本県・さいたま市・八王子市・千葉県)以上依頼中

・シンポジウム?「これから~障害者差別解消法と条例の役割」

当事者・関係団体等からの発言

 司会: 野沢和弘氏(毎日新聞論説委員/元千葉県障害者差別をなくす研究会 座長)

コメンテーター: 山崎史郎氏(内閣府 政策統括官)

?【事務局】千葉県手をつなぐ育成会

〒260-0026 千葉市中央区千葉港4-3 千葉県社会福祉センタービル3階

メールアドレス? jimukyoku-chiba@hotmail.co.jp

*お問い合わせはメールでお願いします。