2012.12.07

うれしいお見舞い

入院からちょうど2週間が経ちました。今日、うれしいお見舞いが届きました。風の村八街の利用者、入居者、職員の皆さんで折ってくれた千羽鶴です。千羽鶴というものをもらったのは生まれて初めてです。皆さんの気持ちが身に沁みてうれしいです。
ありがとうございました!

左足はご覧の通りまだぐるぐる巻き状態ですが、今朝、担当医から、切断の恐れはなくなったと思っていいと言われました。きっと、皆さんの気持ちが通じたのだと思います。退院のめどはまだ言われていませんが、あと1週間くらいかな、と勝手に思っています。皆さまにご迷惑、ご心配をおかけしていますが、現場復帰まであと少しです。