2017.07.31

サービス付き高齢者住宅を見学してきました。

先週の木曜日に、浦安にある「銀木犀」というサービス付き高齢者住宅を見学してきました。㈱シルバーウッドという会社が経営しています。シルバーウッドの社長下河原氏は、社会福祉法人福祉楽団の飯田理事長とともに、異彩の若手経営者として注目されています。4月にこの2法人と風の村で、3社合同就職説明会を開催したことをこの欄でご紹介したことを覚えておられる方もいらっしゃるでしょう。
2枚の写真は、食堂と、(ちょっとわかりにくいですが)玄関横にある駄菓子屋です。銀木犀は7つのサ高住をつくっていますが、駄菓子屋を併設していることが一つの特徴になっています。入居者の方が店番のアルバイトをしたりしているとのこと、小学校を下校した子どもたちが引きも切らずに駄菓子屋、そしてそれに続く地域交流スペース、さらに続く食堂で奔放に遊んでいました。地域の子どもたちの遊び場になっているのです。駄菓子屋は2万円を売り上げる日もあり、月間40万円ほどになっているとのこと、すごい売上げです。それなら、店番アルバイト代が賄えるというものです。
内装は、決してお金をかけているわけではなさそうですが、木をうまく使って、上品な仕上がりになっています。下河原さんのセンスでしょうね。
さて、土曜日の花です。
ピアノの前は、庭梅とアレカヤシ、エレベーター横は、プロテア、グラジオラス、ドラセナ、会議室前は、ブルーベリーと利休草です。デジカメを忘れて、スマホで撮ったので、不鮮明です。ごめんなさい。