2014.11.03

ソウル宣言プレフォーラムと一昨日の花

昨日、明治大学リバティタワーホールで標記のフォーラムがありました。今月の17日から19日までの間、ソウルで「2014グローバル社会的経済協議体創立総会及び記念フォーラム」(GSAF2014)が開催されます。「社会的経済」とは、(このブログで紹介してきたとおり)社会問題を解決することを主目的に事業を行う団体で、NPO、協同組合、社団法人、社会福祉法人などの非営利団体をはじめ、法人形態は株式会社であっても、営利を主目的としない「社会的企業」も含む概念です。GSAF2014は、社会的経済のグローバルなネットワークを作るもので、昨年の準備会合を経て、今年はいよいよ設立総会を開催することになったのです。私が代表を務める一般社団ユニバーサル志縁社会創造センターの主目的も、社会的経済のネットワーク作りです。その意味で、GSAFの趣旨には全面的に賛成なので、呼びかけ人に名を連ねさせていただくことにしました。昨日の集まりは、ソウルの集会を前に日本でのプレ企画として実施されたものでした。準備が大変だったと思いますが、私は呼びかけ人というのは名ばかりで、ただ集会に参加しただけだったのですが、とても勉強になりました。透析をする身で、ソウルには行けませんが、集会の成功を祈ります。
病院、学校なども含めて広義にカテゴライズすれば、日本の社会的セクターは、GDPの11%程度を占める大きな経済勢力になります。しかし、行政以上に民間団体は縦割りで、法人格が異なる団体相互の交流はほとんど行われず、自らを社会的経済セクターの一員と意識し、社会的経済セクターの連帯で社会問題に立ち向かおうという動きはほとんど見られないのが現状です。GSAFの結成を機に、この国での社会的経済セクターのネットワークが広がることを願ってやみません。終わってしまいましたが、プレフォーラムのプログラムを知りたい方は、http://www.seoulsengen.jp/#!projects/ctfh でご覧になれます。

さて、そんなわけで、昨日は駿河台に出かけたので、花入れは土曜日に行いました。

いつものように妻と2人で行ったのですが、私は会議があったので、今回はすべて妻が生けました。

キイチが、グラジオラス、ドラゴン柳

スプレーバラ、ユーカリ、コニカム

紅葉ヒペリカム、菊

敷地内の柿の木から摘んだ甘柿