2014.06.27

ユニバーサル志縁社会創造センターシンポジューム「コミュニティオーガナイズ」

 

昨日、霞ヶ関ナレッジスクエアで、私が代表を務めるユニバーサル志縁社会創造センターの定期総会がありました。そして、総会終了後に記念シンポジューム「コミュニティオーガナイズ」を開催、会長の加藤登紀子さんも参加して、2時間半の熱い議論が闘わされました。パネラーは、労働文化財団の永井さん(先週、連合主催のコミュニティオーガナイザーワークショップに参加したほやほやです)、ボランティア山形の井上さん、生活クラブ風の村の平田さん、首都大学東京の室田さん、コーディネーターは、NPOコミュニティオーガナイズジャパンの鎌田さんでした。(写真が逆光で、顔が全然見えませんね)

コミュニティオーガナイズについては、4月に紹介しましたが、これからのこの国にとってとても重要な人材育成のツールだと思います。生活クラブ風の村では、8月1日~3日の3日間、千葉市内で、コミュニティオーガナイザー養成ワークショップを開催します。まだ多少枠がありますので、参加を希望される人は、メールをください。実は、まだ参加費を決めていないのですが(身内の組織単位で参加する人が多いので、そのあたりいい加減なまま準備を進めているのです)、2万円から最大3万円以内と思ってくだされば間違いありません。ただし、3日間フルに参加できる人に限ります。