2013.12.29

今年もありがとうございました

 本年最後のブログになります。今年も駄文をお読みいただき、ありがとうございました。書き始めて6年近くになるでしょうか。「やらねばならないことしかしない」超ズボラの私としては、よく続いたものです。さすがに始めたころと比べると間隔が空き、今や週1度位になっていますが、無理をせず、このペースでもうしばらく続けることにします。
 昨日、およそ1ヶ月ぶりに、風の村八街に行って、クリスマス飾りの撤収と正月飾りをしてきました。と言っても、余り時間がなく、凝ったことはできませんでした。

 ところで、昨夜、BSプレミアムで「井上陽水 氷の世界40年」という番組がありました。見た方もおられることでしょう。130万枚という史上初のアルバムミリオンセラーを記録した「氷の世界」が発売されたのは1973年12月、この頃、私は生活クラブ生協の職員、世田谷で朝5時から夕方まで商品の配達に明け暮れていました。学生運動に限界を感じ、大学を辞めて生活クラブに就職したのが71年の11月、その2年の間には、あさま山荘事件とそれによって明らかになった「総括」と呼ばれる連合赤軍の集団殺りく事件がありました。戦後日本史で忘れてはならない事件です。

 あの頃と比べてすっかり立派な体型になった陽水、私をはじめ、同時代を生きた男たちはすべからく「立派な(体型の)おじさん」になった。私たちは「氷の世界から40年」をどう生きてきたか、深く考えさせられる番組であった。陽水は、氷の世界をはじめとする自分の音楽のコンセプトを問われ、「照れるけど、『不条理』ですかね」と言った。

 私もこの40年、不条理さらには自己矛盾と向き合ってきたのだと思う。それがあえて言えば団塊世代の同時代性ではないか。そして、急に現実に戻り、「これからは、そういう俺たちが老いていくのだよなあ。これは一筋縄でいくはずがないぜ」と、団塊世代が後期高齢者になる2025年を思い、ため息が出た。

 

                 五葉松、若松、梅、千両、金柳

スイトピー、チューリップ、カスミソウ。絵は、笹倉鉄平の「デイドリーム」、寄付していただいたものです。真ん中に陣取っている獅子は、音に反応してお囃子に合わせて踊りだします。一昨年、去年に続いて、今年も登場です。

             南天、カラー、若松、アリストロメリア、菊

ボランテイアグループ「たんぽぽクラブ」が今年も、クリスマスリースに続いて正月飾りリースを作って下さいました。本当にありがとうございます。玄関は、この2つのリースで正月を迎えます。

みなさま、どうぞ、良い年をお迎え下さい。