2017.03.19

今週は風の村保育園八街&花

今月は卒園式月間、先週が佐倉東、昨日が八街、今度の土曜日には流山に行きます。流山は最初の保育園で13年前にできました。生活クラブ生協の組合員有志が、「さくらさくらんぼ保育」を実践するために14年間無認可保育園を運営した後、風の村が経営を引き継いだもので、保育理論、方法論が確立していました。これに対して、八街は、私も含めて建設準備会メンバーが、たくさんの保育園を見学しながら、1から保育理念を作っていきました。『「生活」と「遊び」を通して「心で感じ、体で感じ、自分で考える力を育む」』保育園をめざして、10周年を迎えました。5月には記念誌が出るとのこと、楽しみです。八街の保育園を創る際、私たちがあこがれ、もっとも参考にしたのが、富津市の和光村保育園(http://www.wakoh-mura.com/)です。今でも、遙かな目標です。写真は、ちょっと暗くて見にくいですが、11人の卒園生が並んでいます。
さて、そんなわけで、昨日は卒園式に出ている間に、妻が一人で花入れをしてくれました。やはり、お師匠さんの花はレベルが違います。特に、ピアノの前の花には、唸りました。

石化柳、白木蓮、オリエンタル百合(ファイアーボルト)

むべ、つつじ、マーガレット

先週から使っているこのガラスの花器、10年以上前に、台になっている古流木とセットで古道具屋さんで見つけたものです。存在感あるでしょう!

桜、ビバーナム、フリージャ

今年も、評議員の斎木さんの奥さまが持ってきてくださった君子蘭が満開になりました。