2014.08.25

出版のための座談会と一昨日の花

今日の午前、いなげビレッジで座談会を実施しました。実は、来春、?中央法規出版から『挑戦を続ける社会福祉法人生活クラブ~地域で誰も孤立させない仕組みづくり~』(仮題)を出版する予定で、準備を進めています。特養八街ができた頃に2冊の本を作りましたが、それ以後の生活クラブ風の村の活動を一望でき、これから向かう方向をも示す内容にしたいと考えています。今日の座談会は、特養八街の創設期から現在までについて、私を含めて6人が思い出話をしました。
特養八街の歴史は、全国初の本格的個室、ユニット型特養として全国から注目を浴びた第1期、入居者の重度化に伴い介護の専門性のなさが露呈しつつ、なすすべなく経過した第2期、本格的なケア改革に取り組み始めた2008年以降の第3期に大別できます。それぞれの時代をよく知る人に腹蔵ない思いを語ってもらいました。あらためて、特養八街の15年を振り返ることができ、楽しい時間でした。そして、特養八街を含む「風の村八街」は、保育園、デイ東吉田を含めて、地域の拠点として「生活クラブ安心システム」を稼働させるべく、準備を始めています。2015年は第4期の始まりの年となるでしょう。

さて、おとといの花です。

ユキヤナギ、リンドウ、吾亦紅に、先週使った赤い菊、パンパースグラス

ミニバラ(ラディッシュ)

ケイトウ、フジバカマ、ハランに先週使った黄色の菊と玉すだれ

ヒオウギアヤメ