2018.04.02

厚労省高官視察同行、昨日の花

土曜日、厚労省の高官(お名前を開示してよいか確認しなかったので)4人の方々に同行し、午前中は香取市にある社会福祉法人福祉楽団の恋する豚研究所(恋豚)、午後は、風の村の2つの施設をご案内しました。恋豚では、飯田理事長のレクチャー後、加工肉工場と、新しくできた栗源第一薪炭供給所の見学、昼食は、絶品の豚シャブ定食をいただきました。栗源第一薪炭供給所は、里山の間伐材を薪に加工し販売する、障害者就労継続支援B型の事業所です。事業所本体の裏には、その薪を燃料として事業所全体の給湯、暖冷房をおこなう薪ボイラーが設置してありました(写真、ボイラー本体は真ん中の黒い筒状のもの)。福祉楽団は、次々と魅力的な事業を展開しています。「栗源第一薪炭供給所」は、「福島第一原子力発電所」をパロッたネーミングだとのことです。

午後は、とんぼ舎さくら、いなげビレッジを案内し、夕方から、いなげビレッジのB型事業所カフェ歩々人(ぽぽっと)で懇親会を開催しました。最近まで西千葉の壁の穴でオーナーシェフをしていた木村さんの絶品のイタリアンを堪能しました。とんぼ舎さくらでは、漬物、プリン、オイルサーディンを試食していただきました。ちなみに、営業の努力が徐々に実を結び、生活クラブの各単協はもちろん、コープみらいさんでも漬物の取り扱いが開始される予定です。とんぼ舎さくらにとっては、飛躍の年になりそうです。

さて、昨日の花です。

キイチゴ、ストレリチア、アリストロメリア

スイトピー、ガーベラ、フリージア、レザーファン

 

スプレーバラ、スカビオサ、ブバリエ、鳴子百合、レザーファン

コメントフォーム

CAPTCHA