2018.03.25

小規模保育おおたかの森開設と今日の花

昨日、流山市のつくばエクスプレス(TX)おおたかの森駅近くに4月にオープンする、生活クラブ虹の街(生活クラブ生協)初の保育事業「小規模保育おおたかの森」のオープン記念イベントに出席してきました。「小規模保育おおたかの森」は、昨年10月にオープンした「デポーおおたかの森」(虹の街9番目のお店)の2階に開設します。小規模保育ですから定員は19名、4月から0~2歳児16名の保育が始まります。木をふんだんに使った素敵な保育園でした。生活クラブの提携生産者、木曾の酒井産業さんに大変お世話になりました。風の村の佐倉東保育園の建設でも大変お世話になった業者さんです。

流山は生活クラブ虹の街発祥の地、昨日行ったあたりも、40数年前に私自身が配達をして回った地域なのですが、TX開通で大きく変貌し、昔の面影は全くありません。市の人口は、40年前には9万人程度でしたが、今は18万5000人とのこと、全国的にも有数の人口増自治体です。若い人たちの流入が続いており、まだまだ保育園や幼稚園の新設が必要のようです。流山には風の村初の保育園わらしこ保育園があります。また、学童保育事業も行っています。新たにできた「小規模保育おおたかの森」と一緒に、子育ての拠点としての役割を果たしていきたいと思います。

さて、今日の花です。

彼岸桜と金魚草です。

フリージャ、ヒペリカム、レモンリーフ

桜、マトリカリア、ユーカリ、ヒペリカム、

コメントフォーム

CAPTCHA