2016.03.01

池口紀夫さんを偲ぶ会と日曜の花

 
 

 

昨年4月30日に急死した池口紀夫さんを偲ぶ会が、先週の土曜日に千葉市内で行われました。私と池口さんの付き合いは15年足らずの短いものでしたが、早稲田奉仕園、千葉県立生実学校(児童自立支援施設)など、50年以上にわたる活動に触れることができ、あらためて、彼の偉大さを再確認した1日でした。一貫して「子どもの人権」に向き合い、ブレることのない人でした。現場主義を貫き通しましたが、同時に、勉強、研究を重ねた人生でした。彼の周辺にいた人たちは、全員、それを実感したと断言できます。堂本暁子さんが千葉県知事になってから、池口さんは、それまでの「告発型」の姿勢を転換し、様々な提案を行いましたが、何と言っても、中核地域生活支援センター(10年前に県内14か所に設置された分野横断、24時間365日対応の福祉相談センター、昨年4月に施行された生活困窮者自立支援法の相談センターのモデルになった)は、池口さんの提案がなければ設置されることはありませんでした。

「告発型」と書きましたが、本当はそうではなかったようにも思います。彼は一貫して弱いものの人権を守るための提案を行っていた。しかし、それを受け止めることができない行政が「告発」と恐れたということかもしれません。堂本知事を中心にした県民主体の福祉改革「健康福祉千葉方式」が、彼の「告発」を「提案」として受け止める度量を持っていた、変わったのは彼ではなく千葉県だったということでしょう。

知事が代わって7年、その千葉県は…

来年3月にはまた知事選がやってきます。

さて、日曜の花です。

ムシカリ、金魚草

トクサ、クリスマスローズ、アンスリウム

カラー、ブプレ

オシダ、上が先週、下が1週間後です。すごい変化ですね。