2016.04.25

熊本地震支援と昨日の花

熊本地震は、大きな被害をもたらして、今なお、6万を超える人が避難所や車での生活を強いられています。亡くなった方々に心から哀悼の意を表します。また、被災者のみなさまをお見舞い申し上げます。
生活クラブ風の村では、社会福祉法人福祉楽団、社会福祉法人同和園と連携して、20日から第1陣2名が、益城町の特養ひろやす荘に、支援に入っています。今日、第2陣3名と交代しました。

特養ひろやす荘には、昨日現在、入居者155名、ショート16名に加えて、同じ法人の老健利用者57名が建物が倒壊の危険ありということで移動、さらに、地域の住民が106名、避難しているとのこと、30人の職員も避難先として使っているとのこと、大変な状況です。福祉施設が、障がい者や要介護高齢者等の福祉避難所として機能できず、認知症の方を含めて、専門的なケアが必要な方々が一般の避難所等で暮らしています。早急に、こうした状況を改善することが必要です。

一番上の写真は、特養内で支援物資の整理をしているわが社のTさん(中央)とOさん(右端、顔が半分写っている)です。

風の村では、中四日の周期で、2~4人の職員を派遣していきます。

昨日の花です。1週抜いてしまったので、2週間ぶりでした。

枝はキバコデマリ、白い花は、カンパニュラ。

カラースターチス、アンスリューム、オオニソガラム、ドラセナ、

百合(タランゴ) 雲竜柳

 

すべて風の杜から。白ヤマブキ、ドウダンつつじ、スズラン、シラン、ギボシ