2014.07.28

生活困窮者ネット発起人会とおとといの花

土曜日は、午後から新宿で、一般社団法人生活困窮者自立支援全国ネットワークの2回目の発起人会があったので、花入れを午前中にすませた。
生活困窮者自立支援全国ネットワークは、来る11月8日に兵庫県西宮の関西学院大学で設立総会を開催しますが、一足早く、設立準備会のホームページが立ち上がりました。(http://www.life-poor-support-japan.net/)11月8~9日に同所で開催する生活困窮者自立支援全国交流集会の開催要項も閲覧することができますので、どうぞ覗いてみてください。定員は1000人ですが、メイン会場に入れるのは500人で、それを超えるとサブ会場(映像で中継)になります。なるべく早めの参加申し込みをお勧めします。

発起人会終了後の懇親会で、同日の読売新聞朝刊が1面トップで報じた「まち・ひと・しごと創生本部」のことが話題になりました。政府が人口減問題に本気で取り組むために9月に正式に設置するのですが、その準備室ができたことが大きく報じられたのです。http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140725-OYT1T50172.html  先ごろ、元岩手県知事の増田寛也氏が座長を務める日本創生会議が、2060年には日本の地方自治体の半分が消滅するというショッキングな報告を公表しましたが、まち・ひと・しごと創生本部は、これを受けて2060年の人口1億人維持という具体的な数値目標を達成することを最大の課題として設置されます。 懇親会で最も盛り上がった話題は、その室長代理に現消費者庁次長の山崎史郎氏が就任したことです。山崎氏は介護保険制度制定の立役者ですし、生活困窮者自立支援法も、彼の存在なしにはできなかったでしょう。その山崎氏が室長代理としてかかわる新組織は実に楽しみだということで盛り上がった次第です。

さて、花です。

ひまわり、ユーフォルビア、ドラセナ これ、結構気に入ってます。

テッポウユリ、ドラセナ(ドラセナはすごく種類が多く、洋風の葉っぱなら

だいたいドラセナといえば当たりといっても過言でないくらいです。

ダリア、ニューサイラン、ドラセナ、粟

檜扇水仙