2012.12.16

自民大勝!

 明日、退院します。
病院最後の夜、テレビ各局は競って自民党大勝を報じています。

 はっきり言って、今回ほど誰に、そして何党に入れるか悩む選挙はなかった。夢も希望もない選挙と言って良い。嘉田滋賀県知事が立ちあげた日本未来の党に一瞬注目したが、反原発以外に見るべき政策がなく、というより、3年前に民主党が掲げた実現不可能な夢物語の焼き直しでしかなく、魅力は急速に褪せた。それはそうだろう。3年前の民主党の政策も、今回の未来の党の政策も、つくったのは同じ人間なのだから。私は、むしろ、今後嘉田さんはどうするのだろうと心配になる。乾坤一擲の勝負に出たのだと思うが、国政に影響力を持つような議席を獲得することができなかった。風を起こすことができなかった。滋賀県知事と国政の党首という2枚看板を掲げ続けることができるのだろうか。振り上げたこぶしの下ろし方が難しい。

 それにしても、民主党の政権運営の稚拙さの罪は大きい。弱者対策などで実はそれまでの自民党政権では決してできなかった改革が進んだ。しかし、それらは政権選択の大きな材料にはなり得ない。鳩山首相の「最低でも県外」をはじめとして、為政者としての最低限の心得を持っていないとしか思えない発言が続き、また、党としての組織の体をなしていないことが次第に露呈してきた。

 期待が大きかっただけに、民主党の体たらくはそのまま政治不信に直結したのだ。投票率の低下がそれを明瞭に示している。正直言って入れるべき政党がなかった。今回積極的に投票行動を行なったのは、自民党に景気回復の期待を寄せる人といわゆる右派、自民党の安倍総裁、維新の石原代表が掲げる「強い日本」に共感を持つ人たちだったのではないか。貧困、格差、孤立を個人の問題とするのではなく、地域福祉と社会保障が充実した社会にしていきたい(あえて言うなら北欧型社会民主主義)と考えている人は、どこにも入れるところがなかった。

 民主党がそうであったと同様、実は、自民党も、自己責任派から社民主義的な人まで幅広い思想の持ち主が同居している。それらが思想の違いで再編されることが本当は望ましいが、小選挙区制のもとでは夢のまた夢。

 とにかく、当面、自公連立政権に戻るのだろう。阿部氏は心情的には公明よりも維新、みんなに近く、そういう意味でのねじれが早晩表面化してくるだろう。その時、どうなっていくのか。模様眺めしかすることがなさそうだ。