2013.09.15

若林顕の生「エリーゼのために」、聴きました。

 昨日、市川市文化会館で若林顕のピアノコンサートがあった。NHKの番組「らららクラシック」で聴いた「エリーゼのために」に衝撃を受けて、機会があれば生で聴きたいと強く願った。コンサートのプログラムはオールラフマニノフで、「エリーゼのために」を聴ける保証はなかったが、アンコール曲になる確率は高いと予想した。そして、その予想は的中した。
 生エリーゼは、素晴らしかった。もちろん、本プログラムのラフマニノフも。超絶技巧を駆使した、結構やかましい(不遜な表現だが、優れた演奏家の作品は往々にしてこれでもかと技巧をひけらかすところがあって、私には「やかましい」としか聞こえないことがなくはない)を彼は事もなく弾きこなす。「やかましさ」がそれほど気にならないのは、7~8割の力で余裕をもって弾いているからなのかもしれない。それを可能にする卓越した技量が、彼には確かにあると思う。彼は、作曲家の意図をできる限り忠実に、1音、1音を大切に弾くようにしていると語っているが、演奏を聴くとそれがよくわかる。思うに、彼は作曲家の曲を現代に伝える使徒なのではないか。どんな曲を聴いていても、たとえフォルテシシモの場面でも、どこかに冷静なところがあって、彼の演奏に一貫して「静かさ」を感じる。作曲家の思いを伝える使徒としての冷静さが、そう感じさせるのかもしれないと思ったのだった。

 ベートーベンのソナタが聴きたいなあ!と思ったら、来年1月17日に、サントリーホールでリサイタルがあり、ベートーベンのピアノソナタ「悲愴」が曲目に入っていた。しかし、金曜の夜、透析があるし、難しいだろうな。できれば、オールベートーベンのコンサートを企画してほしいものだ。彼にとって、使徒として最もふさわしい作曲家はベートーベンしかいないと確信する。