2018.03.17

風の村保育園八街卒園式と今日の花

今日は、風の村保育園八街の11回目の卒園式がありました。風の村には保育園が3園ありますが、今年は、今日の八街の卒園式しか出席することができませんでした。(私が、全部に出席できるよう、日にちをずらしてくれているのですが、ほかの用事が入ってしまいました。)3つの園は、それぞれ開園の経緯が異なっています。最初の、わらしこ保育園流山は、生活クラブ生協(虹の街)の組合員有志がワーカーズコレクティブをつくって14年にわたって運営してきた無認可保育園を認可保育園にするに際して、事業を引き継いだものです。もともと、「さくらさくらんぼ保育」という確立した保育を流山で実践したい人たちの集まりでした。ですから、今も、「さくらさくらんぼ保育」をおこなっています。これに対して、八街は、まったくゼロからの出発で、建設準備会のメンバーが、各地の保育園を見学しながら、手作りで保育理念を作り上げていきました。そして、その結果、「遊び」と「生活」を基本に、「心で感じ、身体で感じ、考える力を育む」保育を目指すことにしました。もっとも参考にしたのは、富津市にある和光保育園、鈴木真広という優れた、そして魅力的な園長が中心になって、本当に素敵な保育園ができています。まだまだ、足元にも及びませんが、私たちの目標です。と書いて、開園後11年が経って、当初の職員が減ってきている中で、和光保育園を目標にしていることが引き継がれていないかもしれないと思い立ちました。今後、見学、交流をしていかねばと強く思いました。ちなみに3園目の風の村保育園佐倉東は、2年前に、市立保育園を民営化したものです。すでに、一定の保育実践がされている中で、園児、保護者等の混乱を招かないように、漸進的に「風の村の保育」に移行するという困難な課題に立ち向かっています。2年間で、一定の理解と方向転換ができてきたのではないかと思っています。

さて、そんなわけで、今日は、妻と二人で八街に向かい、私は保育園で卒園式、彼女は特養で花入れをしてくれました。

ぼけ、キイチゴ、レースフラワー、レモンリーフ

チューリップ、雪柳、沈丁花

コデマリ、マーガレット、スイトピー、クリスマスローズ、ハラン

コメントフォーム

CAPTCHA