2014.08.10

風の村八街での職員会議と花

昨日は、午後5時から風の村八街で、八街エリアの職員会議がありました。来年度から始める「生活クラブ安心システム」について話し合う会で、特養、デイ、訪問、居宅介護支援事業所のほか、保育園の職員も含めて40人くらいが参加しました。1時間の間に、趣旨説明、「安心システム」の本家、奈良の協同福祉会の見学報告、グループワーク、その報告、最後に私の総括と実に盛りだくさんでしたが、10分延長で終了、実に有意義でした。
総括発言でも言ったのですが、少し前まで、特養やデイサービスの仕事をしている人たちの多くは「地域」に目が向いていなかったと思うのですが、7つのグループワークの報告を聞くと、ほぼすべての職員が「地域」を意識していること、地域で孤立している人たちに何ができるかという問題について、ごく自然に話し合っていることに、感動しました。

「生活クラブ安心システム」は、利用契約をしている方はもちろん、地域のすべてのお年寄りを支える仕組みで、私たちのこれまでの縦割りの働き方を全面的に見直す取り組みでもあります。八街エリアでは、あと2回同じ会合があり、私も参加します。他のエリアでも来年度の「生活クラブ安心システム」稼働に向けた話し合いが行われています。

さて、そんなわけで、昨日は4時過ぎに八街に着き、開会前に花入れを終えようと思ったのですが時間切れになり、残りは妻に頼みました。

野ばら、ケイトウ、リンドウ

スカシユリ、グロリオサ、パンパース。アンスリュームは先週のものがまだ元気でした。

テッセン、鳴子、利休草

緑のバラ