2013.08.02

麻生副総理の妄言

 以下は、麻生副総理の発言の「ナチス発言」の前後部分である。
「昔は静かに(靖国神社に)行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

 わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。」

 これは、レッドカード、一発退場と言わざるを得ない。私は、揚げ足取りのような言葉狩り的風潮は支持しない。しかし、この発言はそうした類とはまったく異なる。撤回したそうだが、これはそれで済む話では断じてない。撤回はしたが謝罪していないことが問題という声もあるが、謝ってすむ話でもない。ナチスの手口を学べとは、否定的な意味で言ったという釈明もあったようだが、どこをどう読んでも、そうは読めない。事実と異なる不見識という批判もある。それもその通りだ。しかし、何と言っても「ナチスに学ぼう」という発言は、たとえそれが真意ではなく口が滑っただけだとしても、言って良いことと、悪いことがあるのだ。彼が本当は良い人だとかそうでないとかいうことも、関係ない。政治家は、自分の発言を通して、人間性、倫理観、主張を表現する存在であり、言ってはならないことを言ってしまったら、問答無用でアウトなのだ。「ナチス」は議員辞職が相当と、私は思う。それが「国の品格」というものだ。