2011.04.06

2人からの今日の報告

 生活クラブ風の村から現地に行っている2人の職員から、今日の報告が届きました。本人の了解を得たので、実名で紹介します。特養ホーム八街の堀越君とデイサービス風の村の藤崎君です。因みに、生活クラブ風の村のトップページに写っている写真の左が堀越君、右が藤崎君です。

Subject: 3日目報告堀越
 
> お疲れ様です 3日目の報告です。 今日は同和園の橋本さんと共に被災地周りを行いました。まず 女川の特養に行きました ここでは先だって同和園の職員2名が入っていて現場のケアを行っているとの事。ライフラインがやっと復旧し  入浴も再開し、食事も今まで2食だったのが11日から3食に戻るとの事でした。現場の職員はかなり疲弊しているようで、体調を崩す方や24時間勤務をしている方もいるそうです。特養を後にし、女川の港そばの高台にある中学校に向かいましたが 女川港の周りは「壊滅」という言葉でも表現できない状況でした。中学校には800人の被災者が避難していて、ここに女川役場と社協が機能を移し、ボランティア受け入れなどを行っていました。社協との連携で地域の小さい避難所を周り、必要物資や状況の把握をその後も行いました。 明日も他の地域を回る予定です。女川の写真を送ります。
> また、車の到着をとても楽しみにしているそうです。
 
201104061215000.jpg

201104061420000.jpg