2011.04.09

現地からの報告2件

2つの現地報告です。

活動エリアの違い等で、それぞれが把握している支援物資ニーズが異なっていることがわかります。東日本大震災被災者支援ネットワークちばでは、複数の情報を総合して、配送物資の種類、いつまで続けるかなどを判断していきたいと思います。

まず、東北関東大震災共同支援ネットワークから

> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> 1.ネットワークだより
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>
> ★朝日ニュースター(CS、ケーブルテレビなどで視聴可能)に
> ひなたぼっこを拠点として活動されていた「医療ボランティア
> AMDA」の指山医師が出演されることとなりました。
>  番組名:「別刊朝日新聞」 
>  司会:板垣哲也さん(朝日新聞 生活グループ記者)
>  放送日時:4月8日(金)22:00~22:55 ほか、再放送あり
>  テーマ:東日本大震災 被災地の医療は今…(仮題)
>   ・ 被災地の現状とは 
>   ・ 今、被災地で必要な医療とは
>   ・ 今後の援助体制の行方  など
>  番組詳細
>  http://asahi-newstar.com/web/25_asahi_newspaper/?cat=18
>
> ☆たくさんの物資のご協力をありがとうございます。現在、仙
> 台市内および石巻市内の活動拠点もみなさまから支援物資でいっ
> ぱいになっています。また、物流も徐々に回復してきています。
> 物資をお送りいただく際には、ブログの最新情報を確認のうえ、
> 事前に必ず事務局までご連絡ください。また、仕分けの都合上、
> お送りいただく段ボールの外側に、梱包内容をお書きいただき
> ますよう、ご協力をお願いいたします。
>
> ★河北新報の運営する仙台・宮城・東北のSNSに、共同ネットの
> ブログを開設いたしました。(内容は、従来のブログと同じも
> のになっています)
 

>  本日における協働団体は以下のとおりです。引き続きのご支
> 援、ご協力をよろしくお願いいたします。
>
>  <協働団体>
>   宅老所・グループホーム全国ネットワーク
>   特養・老健・医療施設ユニットケア研究会
>   社会福祉法人東北福祉会(宮城県仙台市・石巻市)
>   社会福祉法人石巻祥心会(宮城県石巻市)
>   東北福祉大学
>   NPO法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)
>   日本福祉教育・ボランティア学習学会
>   財団法人長寿社会開発センター
>   財団法人正光会(愛媛県宇和島市)
>   NPO法人なんぐん市場(愛媛県愛南町)
>   NPO法人さくらネット(兵庫県西宮市)
>   特養をよくする特養の会
>   ユニットin北京都
>   社会福祉法人宝塚市社会福祉協議会(兵庫県)
>   全国マイケアプラン・ネットワーク
>   阪神医療生活協同組合(兵庫県尼崎市)
>   社会福祉法人阪神共同福祉会(兵庫県尼崎市)
>   社会福祉法人南高愛隣会(長崎市雲仙市)
>   三豊市立西香川病院(香川県)
>   医療法人社団きのこ会(岡山県笠岡市)
>   社会福祉法人新生寿会(岡山県笠岡市)
>   ケアタウン総合研究所
>    (順次仲間を募っていきます)

次に、ホームレス支援全国ネットワークからの報告です。

●4月5日(火)

岩手県方面(大船渡市、陸前高田市、盛岡市)に泊まり込みで物資を運んだ。陸前高田市では、あればあるほど助かるとの声。電気が止まっているところでは、湯たんぽを持っていって好評であった。 石巻市河北地区のある場所では、他地域とくらべまだまだ物資の届いていないところがあって、グリーンコープから卵や納豆、豆腐などの大豆たんぱく食品が届いたので、たいへん歓迎された。被災された方たちは遠慮していて、「物資はある」という言葉が「(最低限の)物資はある」という意味であることが分かってきた。また、子ども用のおむつでLサイズやビッグサイズが欲しいとの声があがったが、小学校低学年の子どもたちが、子ども用のトイレが不備であったり、恐怖心からふたたびおむつをしているとの理由であることを聞かされた。新たに仮設住宅建設地の近くに倉庫を借りることができ、流通の拠点を手に入れたことは、この先、支援の質を変えていくことだろう。

4月7日(木)

 
今日も石巻市河北地区を中心に物資を配送した。自衛隊が、卵や野菜を配った後に訪ねたので、あまり物は置いてこなかった。 食べ物に関しては、おにぎりやパンなどが続き、「飽き」が来ているようで、調味料でも、七味、一味、山椒、胡椒、ラー油、タバスコなどスパイス類が求められている。また、避難所が縮小の方向へ向かっていて、家の片付けをする人が増えている。したがって、作業着、長靴・安全靴、皮手袋、ゴーグルなどが特に必要とされている段階である。
 7日23時32分ごろ、宮城県中部でマグニチュード(M)7・4、震度6強の地震があった。宿所としている場所でも、照明がブランコのように揺れ、二分ほど経ったあと停電し、窓から外を覗くと信号も消えて、サイレンの音がけたたましく鳴った。被害が最小であることを祈る。