2012.02.27

昨日の仕事と花

 昨日は1日、特養をよくする特養の会の勉強会で横浜に行っていた。したがって、花入れには妻が一人で行ってくれた。自宅透析で妻を拘束するようになってから、できるだけ一人で花入れにならないように努力しているのだが、この土日は如何ともしがたく、感謝、感謝である。

 勉強会そのものは午後の開催だったのだが、午前中に、有志によるユニバーサル就労に関するミーティングを企画したのだ。結果、新たに、4つの社会福祉法人がユニバーサル就労に取り組んで下さることになった。万歳!!!

 午後の勉強会は、社会福祉法人小田原福祉会 潤生園の理事長 時田純さんの講演会、時田さんは、高齢者福祉の世界の重鎮である。基幹施設として特養を持ちながらも、在宅ケアに力を入れてこられ、地域包括支援センター、夜間対応型訪問介護、配食サービスなどに先見的に取り組み、4月から制度化される「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」のモデル事業に参加して制度設計にも大きな影響り力を持ってこられた人だ。 

 85歳という年齢にもかかわらず、衰えはまったく感じられず、「ご存命のうちにお話を聞きたい」と思った自分が恥ずかしいほど、かくしゃくとしておられた。事業開始以来、365日出勤することを継続しておられるという。おそらく、あと10年は現役で活躍されることだろう。

さて、昨日の花。

120227 風の村八街 01-1.jpg

120227 風の村八街 01-2.jpg

オンシジューム、フリージャ、ガーベラ、マトリカリア、レザーファン、ベアグラスです。

120227 風の村八街 02-1.jpg

120227 風の村八街 02-2.jpg

バラ、アネモネ、スイトピー、モンステラ、ルスカスです。

120227 風の村八街 03.jpg

チューリップ、ぜんまい、タマシダです。

120227 風の村八街 04.jpg

スプレーバラですね。師匠に対して失礼とは思いますが、これは、あまり力が入っていないないのではないでしょうか。