2012.03.10

今日は市原の事業所訪問、明日は日比谷へ

 今日午前、訪問介護ステーション市原の事業所訪問だった。かれこれ10ヶ所前後は回ったことになる。聞いている人は初めてとはいえ、さすがに同じ話を繰り返すのは苦痛になってくる。できるだけ、その事業所の特性に合わせた話をするようにはしているのだが。

 市原は、全事業所の中で、来春、君津にープンする予定の児童養護施設に一番近い。だから、ボランティアなどの協力を是非にとお願いした。実際、他の事業所での反応と比較すると明らかに「地元」という現実感を持ってもらえていることが感じられた。建設予定地の君津市小糸地区になじみがある人もいた。

 児童養護施設は、措置施設だ。国から支給される措置費で運営しなければならないが、虐待などで傷ついた子どもたちが、人への信頼を再構築しながら心豊かに暮らしていくためのハード、ソフトを用意するためには、はっきり言って不十分だ。ボランティアや寄付金を募って補強するしかない。オープンまでおよそ1年、後援会をつくり、人手やお金をどう調達するかが、大きな課題になる。介護ステーション市原の職員の皆さん、ご家族、友人の皆さんには、絶大な支援をお願いします。介護ステーションの職員の中から、だれかが後援会の準備会メンバーになって欲しいと要請してきた。こちらもよろしくお願いします。

 その後援会の会長には、前千葉県知事の堂本暁子さんに就任いただくことになった。堂本さんの力で、県内各層の方々にもご支援をいただきたいと思っている。

 さて、明日は東日本大震災1周年、私は日比谷公園に行くつもりだ。日比谷公園では、今日、明日連続で「311東日本大震災 市民のつどい Peace on Earth 」が行われている。

  http://sayonara-nukes.org/2012/02/0311action_k/