2012.03.26

風の村さくらシンポジュームと昨日の花

 昨日は、生活クラブ風の村さくら主催のシンポジュームに出席しなければならなかったので、花入れは妻に頼んだ。

 その風の村さくらのシンポジュームは、とても良い会だった。在宅支援の総合支援施設として、デイサービス、ショートステイ、訪問介護、居宅介護支援の介護事業と、訪問診療所、訪問看護ステーションを有する風の村さくらは、オープン以来4年半を迎え、「だれもが、ありのままで、その人らしく地域で暮らす」ための手伝いをしてきた。シンポでは、各事業、事業間連携の現状を、寸劇を交えてわかりやすく報告してくれた。また、さくら風の村訪問診療所の三嶋先生は、「失敗の事例」を報告する中から、在宅医療、在宅ターミナルケアの課題を浮き彫りにして下さった。

 風の村さくらが、佐倉市の地域包括ケアシステムの中で確かな位置を占めていることを実感することができた。

120325 風の村八街 01-1.jpg

120325 風の村八街 01-2.jpg

グロリオサ、ミモザ、コデマリ

120325 風の村八街 02.jpg

120325 風の村八街 03.jpg

一つ上が、フリージャ、菜の花、ユーカリ

その下が、モカラ、マトリカリア、ユーカリ

120325 風の村八街 04.jpg

ラナンキュラス、菜の花、むぎ