2012.06.25

昨日の花

120624 風の村八街 01-1.jpg

120624 風の村八街 01-2.jpg

グラジオラス、ツワブキの葉、

120624 風の村八街 02.jpg

蓮、桔梗、南天の花

 

 

 

120624 風の村八街 03.jpg

120624 風の村八街 04.jpg

すぐ上の写真が、アジサイ

そのうえが、カンパニュラ、ガクアジサイ、桔梗、半夏生ハンゲショウ)

半夏生は花の名前であるとともに、七十二候の一つでもあります。古代中国で、半月を単位に一年を24に分けた「二十四節気」が作られました。春分、秋分、冬至、啓蟄などがそれにあたります。節気をさらに5日づつ分けて名付けたのが七十二候です。今は二十四節気では夏至、七十二候で半夏生になります。5日間を表すとともに、その初日の呼び名としても使われるようです。夏至の日から数えて11日目が半夏生で、今年は7月1日です。

花の半夏生は、時期が来ると一部の葉が白くなります。他の葉は緑のままなので、半分だけ化粧したように見えることから名がついたとも言われています。

昨日の段階ではまだ白くなっていません。