2011.05.02

昨日は鴨川へ

 昨日は鴨川の「自然王国」に行ってきた。加藤登紀子さんと、ユニバーサル社会創造センター(仮称)の打ち合わせをするためだ。自然王国は、館山道の保田インターで降り、長狭街道を鴨川に向かう。有名な大山千枚田の近くにある。私が自然王国を訪ねるのは、藤本敏夫さんの葬儀以来だから、確か9年ぶりになる。

 山中のどんづまりにあり、ナビがあれば難なく行く着くことができる。藤本敏夫記念館、カフェもあり、フラッと行っても入ることが可能だ。私が打ち合わせをしている間にも、数組のお客さんが見えていた。登紀子さんは東京と鴨川を行ったり来たりだが、次女で歌手の藤本八恵さん(YAE)は、ここで農業を営みながら、子育てを行なう「半農半歌手」だ。昨日も、カフェのお客さんの応対をしていたから、行けば会える確率が高いかも。

 王国の入り口付近には街中ではお目にかかれない山野草が咲き誇っていた。

鳴子百合に似た花の宝鐸草(ほうちゃくそう)蝮草(まむしぐさ)は、摘んで帰って、今日の花入れに使おうと思ったのだが、打ち合わせが延びて大急ぎで戻らねばならない時間になってしまい、残念ながら果たせなかった。