2011.05.20

今、読みかけの本

 このところ、透析中に本が読めない。パソコンを持ち込むようになってから、仕事に時間が取られて読書時間がほとんどないのだ。、だから読書感想文を書くことがほとんどなくなっている。

 そこで、透析道具を入れる袋に読みかけのまま入っている本の題名だけ紹介しておこうと思う。

日本という「価値」  佐伯啓思

福祉用具の危機   東畠弘子

女ぎらい        上野千鶴子

共同体の基礎理論  内山 節