2011.05.27

ユニバーサル志縁社会創造センター

 1年半に渡って準備してきた新組織がいよいよ7月12日に設立総会を開催することになった。今日の設立準備会で正式に名称が表記の通り決まり、長くつけてきた(仮称)が消えた。「志縁」、良い言葉だと思いませんか。地域には志縁でつながった人たちが、NPOなど多様な法人格を取り(法人格を持たない活動ももちろんたくさんある)、様々な活動に取り組んでいる。ユニバーサル志縁社会創造センターは、「ユニバーサルな地域社会づくり」「ユニバーサルな職場づくり」「ユニバーサルな農業の普及」を柱に、地域で活動する人たちを応援していきたいと考えている。

 代表に就任する加藤登紀子さんには、この組織の代表として、また歌手加藤登紀子として、NPOやその他の公益団体、さらには社会的企業も含めて、地域の諸団体がこれまで以上に知り合い、つながり、連携を深めるために、彼女にしかできない活動をしてもらいたいと考えている。

 設立総会は、午後5時から慶應大学三田キャンパス内で行う予定だが、予約が完了していないので、決まり次第場所をお伝えします。

 総会では、加藤登紀子さんと、副理事長に就任予定の河田珪子さん(新潟の「うちの実家」主宰、全国コミュニティカフェ連絡協議会代表)が行なわれる。「志縁社会」は河田さんが創った言葉だ。

 関心のある方は是非お出で下さい。