2011.06.24

特養おながわからの報告

Subject: ボランティア報告 3日目
 

> ボランティア3日目の報告を致します。
>
> 九鬼より
> 本日よりいよいよ東北地方も梅雨入りとなりました。9時より日勤で入りました。午前中はバイタル測定・掃除を行い、石巻のジャスコに入居者さんと買い物に行きました。
> 午後は入居者さんと一緒に草むしりを行う予定でしたが、竜巻警報が出ていたので軽体操を行ったあと、スコップ三味線(スコップを三味線に見立ててリズムに合わせる)などをして過ごしました。
> 梅雨入りの影響か腰痛を訴える方が何人かいらっしゃいましたが、皆さま穏やかに過ごされました。
>
> 柿原
> 9時からの日勤で入りましたが、10時より1丁目(ショートステイ) に見守りで応援に入りました。
> 4丁目では食中毒の流行る時期とのこで手洗いの講習を行っておりました。
> 一日一日も落ち着いた流れとなっており、本日も穏やかな一日となりました。
>
>
> 柿原
 

Subject: ボランティア報告 4日目
 

> ボランティア4日目の報告を致します。
>
> 九鬼より
> 本日は早番で入りましたが、日勤と大きな変わりなく穏やかな一日となりました。
>
> 柿原より
> 本日は11時から20時の遅番で入りました。
> 4丁目も利用者さんと散歩に行ったりと穏やかな一日となりました。
>
> ボランティアに入り4日目が終わりました。今のところ、身体に感じられる余震も少なく、穏やかな日が続いております。
> ただ、震災後瓦礫や津波で打ち上げられた魚などが腐敗した影響で施設内にも蝿が増えてきたと話を聞きました。
> 震災より3ヶ月経ち、その影響がさまざまな形で現れて来ているように思われます。
> 今後もどんな影響があるのかわからない分、今回の震災が残した爪跡が根深いのだと痛感しました。
> 職員の方の負担が少しでも軽減出来るよう、支援に入っていきたいと思います。
>
>
> 柿原

Subject: ボランティア報告5日目
 
> 朝、携帯の地震速報のアラームがけたたましく鳴り、直後控え室にあるパーティションがガタガタと…。テレビの地震速報では震度4、また岩手県には津波警報が出ており、もし女川にも津波が来たらと考えると、被災地にボランティアに来たんだと実感しました。
>
> ユニットでは穏やかな一日ではありましたが、夜になり地鳴りまでする震度4の余震がありました。
> ただ利用者さん・職員さんともに地震にはもう慣れた様子で、「地鳴りのする地震は津波が来ないから」と話して下さいました。
> 日中も、震災当時のことを「大変だったよね」と笑い話のように話して下さいました。
>
> ボランティアで支援をさせていただいているのに、女川のみなさんの明るさに逆に元気をもらっている毎日です。
>
> 残すところあと2日となってしまいましたが、女川パワーに負けないよう、風の村の元気を少しでも与えられるよう支援に入りたいと思います。
>
>
> 九鬼・柿原