2011.06.26

今日の花&細渕さんをしのぶ会の打ち合わせ

 今日は、特養八街の花入れを早々に終え、午後3時からプラザなのはなで行なわれた、細渕宗重さんをしのぶ会の打ち合わせ会に参加した。

20人あまりが集まり、開催日を11月17日または12月18日とすることを決めた(会場が今日は確保できなかったため、最終決定できず)。細渕さんが力を注いだ活動を振り返るとともに、その遺志を継いで、千葉の福祉のこれからを考えることができるような会にしようということになり、1000人程度の参加者を想定することにした。

 それにしても、細渕さんの福祉に関する情熱と行動が、いかに多岐にわたっていたかを、20人程度の今日の参加者それぞれの発言からもあらためて感じさせられた。残ったものの責任は重い。

 さて、今日の花

110626 風の村八街 01-1.jpg

 

110626 風の村八街 01-2.jpg

 オリエンタル百合です。花材は、だいたいジョイフル本田穴川店で買う(品質より値段優先)のだが、

夏本番になり、いよいよ種類が少なく、この花瓶に生けられる長い茎の花はほとんどなし。そういう時は、

百合が一番手っ取り早い。

110626 風の村八街 02.jpg

 涼しそうなガラスの花瓶に、アガパンサス、デルフィニューム、鳴子百合、サンキライを入れた。

アガパンサスの切花は、去年までほとんど売られていなかったと思う。珍しかったので。

110626 風の村八街 03.jpg

 クレマチス、先週生けて、花が落ちてしまったのだが、それも一興と生けたもの。

鳴子百合と先週の使いまわしのモカラ。

110626 風の村八街 04.jpg

 トルコキキョウ、ユウギリソウ、モカラ。