2011.07.22

在宅透析訓練近況

 今日、妻が一人で初めて穿刺をした。これまでに穿刺以外の全部の工程は一通り訓練したが、腕に針を刺すのは、一番最後ということになっていたのだ。一昨日に、技師さんと二人で針を持ち、一緒に刺すことはやったのだが、今日は単独。

 しかし、思いのほかスムースにできたと思う。技師さんにも、新米技師さんが最初に患者に針を刺す際でも、手が震えたりする人がいるのに、まったく震えることなく、手際良くできたとお褒めをいただいた。

 8月からは、こちらからSOSを出さない限り、技師、看護師さんが一切手だしl口出しをしない、つまり、自宅でやるのと同じ想定で行なうとのこと、それで、我々2人がもう自宅でやっても大丈夫と思えるようになった時点で、在宅透析を始めましょうということになった。早ければ、8月中にも在宅透析がついに実現する。

 8月2日には、透析器具を寝室に設置できるようにするための住宅改修を行なうことも決まった。

 いよいよだあ。