2011.09.11

どこまで続くヌカルミぞー経産相辞任

 鉢呂経済産業大臣が就任9日目で辞任した。最初に問題になったのは、「死の町」発言だった。テレビでの彼の会見を見直すと、彼は慎重に言葉を選ぼうとして、結果としてもっともふさわしくない表現が口をついて出てしまったという印象を持った。大臣という立場を考えれば、だから許されるとは言えないのだろうが、私自身は正直に言えば、この発言で辞任にまで追い込まれるとは思わなかった。しかし、後から発覚した前日の発言ー「放射能つけちゃうぞ」、これは話にならない。言葉を選びぬいて、なかなか適当な表現が出てこず、でも何か言わないわけにはいかないという時に、不適切な言葉が出てしまうことはないとは言えないと、私は思う。だが、「放射能つけちゃうぞ」は、こうした失言とは性格がまったく異なる。オチャラケの題材としてふさわしいこと、あまり適切ではないこと、絶対にすべきでないことがある。「あまり適切ではない」題材で聴衆の失笑をかうことは、誰しも一度や二度はあるかもしれない。しかし、「絶対にすべきでない」題材でオチャラケることは、はっきり言って人間性が疑われる。ああ、この人は終わりだ。私はそう思った。

 それにしても、それはそれで一件落着で良いではないか。しかし、野党は、徹底追及するという。失言の連続が日本の政治の質を落としめていることは言うに及ばないが、そのたびに上げ足を取り、政局に持ち込もうと「首相の任命責任だ」「解散総選挙だ」と騒ぎ立てる低レベルの与野党対立こそが、日本政治の体たらくの根源だということがどうしてわからないのだろう。

 この国の政治家にとっては、政治の力で社会の課題を解決する(=政治の質を高める)ことより、政権を取ること(守ること)が優先なのだ。

 ただ、ただ、情けない。