ホーム 働く環境 : 人事教育制度
働く環境

人事教育制度

教育システムの全体像

 生活クラブ風の村の教育システムは、以下の図に集約されます。ヒューマンスキル、マネジメントスキル、テクニカルスキルのインプットとアウトプットを繰り返し、人事考課で定期的にその能力の成長度を測っています。


雇用形態とキャリアアップ

生活クラブ風の村では、職員の多用な働き方を支援するために、以下の雇用形態を用意しています。現場での業務の質向上のため、全ての雇用形態で研修を実施しますが、特に法人・事業所の経営責任を担っい、現場において高度なスキルを保有し、サービス向上という側面でリーダーシップを発揮してもらいたい正規職員(Ⅰ・Ⅱ)には階層(等級)を設け、マネジメントコース、スペシャリストコースの2つに分けて昇格・昇進ができるような制度としています。また、職員の能力を確認し、上司からアドバイスをすることや、昇進・昇格の判断をするための人事考課も実施しています。


教育制度

 生活クラブ風の村では、職員がキャリアアップできるように教育制度を設けています。キャリアアップは、職員の職務能力(テクニカルスキル)だけが向上すればいいというわけではありません。法人内だけではなく、社会に影響力を発揮していく為には、人間性(ヒューマンスキル)の向上、経営能力(マネジメントスキル)の向上が必要となると考えています。

人事考課制度

職員の状況を把握し、上司からアドバイスする機会を通じて、人事育成を図る仕組みとして、人事考課制度を取り入れています。
自分の仕事振りや行動を振り返り、考課結果も面談を通じてフィードバックすることで、新たな気づきや目標設定に生かしています。