スタッフメッセージ

ホーム スタッフメッセージ 中臺華澄

今のお仕事をするに至った経緯は?

小さい頃から保育士になるのが夢でした。私は幼稚園に通っていたのですが、その時の担任の先生が、子どもの好奇心を否定せずに何でも挑戦させてくれる人でした。そのおかげで、毎日楽しく幼稚園に通うことができました。私もそんな先生になりたい。そんな憧れを抱いて、先生と同じ短大で保育を学び、幼稚園と保育士の資格を取りました。保育園では、0歳から5歳までの成長が見られることで一人ひとりの良さを見られること。また、乳児を見る機会はなかなかできないと思い、保育園勤務を希望しました。

その中で風の村を選んだのはなぜでしょう?

ここ保育園佐倉東は2016年4月に開園されたばかり。何もかも初めての環境で、私も子どもたちと同じ時期に入職。子ども達と一緒に楽しいことを考え作っていきたいと思いました。また、見学に来たときに他にはないこの木造の園舎に惹かれました。皆、裸足で体全体で、木のぬくもりを感じることができる。とても居心地のいい園だと感じました。園庭は遊具もほとんどありません。広い園庭では体全体を動かして伸び伸びと遊ばせることもできます。子どもたちが遊びを考え楽しむ環境がここにはあるのです。

風の村らしいと思うところはありますか?

風の村の保育園は、職員同士、子どもたちからも、“先生”と呼び合わずに“◯◯さん”と名前で呼んでいます。人間として対等な立場で話しができることは、他の保育園とは違うと感じました。また、保育園佐倉東は1年目の園で何事も初めて。みんなで協力をし、1年目の私でも積極的に意見を出して、やりたいことはやっていいと言われています。何か問題があれば、職員の皆さんが話を聞いてくれます。周りの意見を聞くことで、自分が気づかなかったことを発見することも。日々の生活で学んでいるように感じます。そんな職場環境の良さも風の村らしさでしょう。

この仕事の難しさを感じたことは?

子どもたち同士のトラブルが起こったときに、子どもに私の意見をうまく伝えられず解決することができなかったときです。でも、上司や先輩保育士に指導を受け、何度も失敗しながらも少しずつ子どもたちの関わり方に自分なりのコツを見つけることができました。私自身が落ち着いて、子どもたちと目と目を合わせしっかり話を聞いてあげることが、信頼関係を築く第一歩なのだと感じています。

毎日、お子さんと接する中で心がけている事は?

毎朝子どもたちに会ったら、笑顔で受け入れ、抱きしめてスキンシップを取ること。また、保護者にも保育園での生活をできるだけ細かくお伝えします。また、送り迎えでお会いしたときの保護者の変化にも気を付け、エピソードを交えてお話しをしたり、子どものことだけではない会話ができるようにも心がけています。そこで疑問に思ったこと、悩みごとは同期や先輩職員に隠さずに相談します。今は、みんなの意見と力を借りて成長していきたいなと思っています。

やりがいはどんなところで感じますか?

何もかも初めての経験の中で、職員全員が協力し合って1から作り上げていくところにやりがいを感じます。この数ヶ月の中で一番印象に残っているのは運動会。学生時代、実習先で手伝ったこともあるのですが、風の村はそことはまた違い、行事で使うものから子どもたちと一緒に作っていきました。子どもたちは毎日が運動会のようでとても楽しんでいました。運動会当日お家の方と一緒に楽しめた時は本当に感動しました。入園のときは、お家の方のそばから泣いて離れなかった子どもたちが、笑顔で運動会を楽しんでいる。子どもたちの成長を目の当たりにして本当にうれしくて、あらためてやりがいを感じました。

今後の目標、挑戦していきたいことはありますか?

新しい気づきや学びも、これまでの経験で学んできたことも、子どもたちとの遊びの中でさらに広げていくことができると思っています。これからも、子どもたちと一緒にいろんなことを見つけていきたいと思います。
 また、風の村には、他の事業所がたくさんあるので、研修などを利用してお互いに意見を出し合い、保育園業務とは違う経験をしていけたら、もっと幅が広がるのではないかと期待しています。

エントリーをしようとする方へメッセージを。

私は就職をするとき、保育園か幼稚園で迷っていました。そこで、まずは行動に移すことにしたのです。就職指導の先生に相談をしたり、今までの実習を振り返りました。異年齢同士の関わりや1人ひとりの関わりを大切にする生活、地域との交流や様々な事業所がある風の村しかないと思いここを選びました。まずは一歩踏み出して自分の目で見て決めることが大事だと思います。