2019.12.03

うんとこしょ どっこいしょ♪

ある日のこと。いつものように園庭で、元気いっぱいに遊ぶ、そらぐみさん(1才)の姿がありました。

すると..一人の男の子が、森の近くにある長い弦を見つけて、「あれ、なに~??」

 

日頃の保育の中で、絵本「おおきなかぶ」の掛け声を真似したごっこ遊びが行われていたこともあり、

その男の子に誘いかけ、一緒に弦を引っ張ってみることにしました。

 

男の子の「うんとこしょ どっこいしょ」という掛け声につられて、自然とお友達が集まってきました!!

三人で力を合わせて、、もう一度「うんとこしょ どっこいしょ」

まだ、かぶ抜けないね~どうしたら抜けるかな?という保育者の声掛けに、

「あ、そうだ!!」一人の男の子が何かひらめいた様子。

これなら抜ける、今度は上の方で引っ張ってみます。ではもう一度、「うんとこしょ どっこいしょ」

さっきの男の子が、「あ、そうだ!!」また別の方法を思いついた様子。

これなら絶対に抜ける、今度は大きなシャベルで引っ張ります。今度こそ、、「うんとこしょ どっこいしょ」

いろんな方法を試してみて、「やっぱりこれ!!」と二度目の方法でもう一度チャレンジ。

結局その日は何も抜けず、また明日チャレンジすることにして、この遊びは終わりました。

 

実際にかぶが抜けるわけではありませんが、どうしたら抜けるのか、

その子なりに考えては試してみて、を繰り返す姿がありました。

絵本「おおきなかぶ」の想像の世界から実際の世界へつながり、またお友だちともイメージを共有できる出来事でした。

私自身が思いつかないような面白い方法をたくさん思いつく子供たち。

今後も保育者として、そばで見守りながら、子ども一人ひとりの豊かで面白い発想を大切にしていきたいです。