2018.11.08

また行くね♪

保育園の中で過ごしている間、子どもたちは0~6才の友だち、それから保育園にいる大人と過ごしていますが、

保育園の隣にはおじいちゃんおばあちゃんのいるお家があります。

子どもたちがひろばで見つけた花をプレゼントに持っていったり、覚えた歌を聴いてもらったりして、遊びに行くことがあります。

 

11月のかぜさんぽでは、そんなおじいちゃんおばあちゃんのお家のいろいろなお部屋に行って一緒に過ごしました。

「あったかい手だね。」と言いながら握手をしたり、「一緒に歌おう。」と、昔から受け継がれている歌を一緒にうたいました。

それから、はりきって作った折り紙のプレゼントを渡して、お返しには素敵なしおりをもらいました。


「いらっしゃ~い」「可愛いねえ」と子どもたちのことを優しく出迎えてくれたおじいちゃんおばあちゃん。

とっても歳は離れているけれど、昔からある遊びや歌を知っていて温かく優しいお年寄り、尽きない探求心と元気に溢れた子どもたち。お互いに元気や笑顔をもらえる存在です。

おじいちゃんおばあちゃん、ありがとうね、また遊びに行くね~!