2020.05.24

ご無沙汰しております。

みなさま、ご無沙汰しております。

緊急事態宣言もあり、ずっと、花入れを休止しておりました。

あさってには宣言が解除される見込みです。来週には、久しぶりに花入れをしようと思っています。緊急事態宣言から1か月半あまり、外出の自粛が言われるようになったのは、そのさらに1か月くらい前からでしょうか。

日本のコロナ対策は、遅い、手ぬるい、見当はずれと、諸外国から批判されてきましたが、結果的には少なくとも第一波に関する限り、けた違いに少ない感染者、死亡者で収束しそうです。いったい何がその原因なのかは諸説あり、確定的なことは専門家にもわからないようです。

風の村では、すべての施設で、これまでのところ、感染者、濃厚接触者が出ていません。すべての職員の毎日の感染予防の努力に心からお礼を言います。通所施設は利用者に利用自粛をお願いして、日々の利用者を減らして、3密を避けましたが、訪問系事業は、個々のお宅を訪問するに際して、細心の注意が必要でした。入居系施設は、利用者を減らすことはできません。認知症の方や保育園の子どもたち、さらには重度の障害を持つ人はマスク着用が難しく、本当に毎日が不安の連続だと思います。職員の皆さん、本当にご苦労様です。

そして、6月以降は、熱い夏になります。マスク着用がさらに難しい季節です。マスクによって熱中症にかかりやすくなるという話もあります。

これまで感染者が出ないで済んだのは、職員の努力はもちろんですが、幸運も味方しました。今後は、予防に努力しつつも、いつ集団感染がおきても不思議はありません。その際にも万全の体制で対応できるよう、準備をおこなっているところです。

 

コメントフォーム

CAPTCHA