2021.07.12

佐倉青年会議所のイベントに行ってきました。

昨日、佐倉青年会議所主催の「笑顔deつながる福祉フェスタ~手と手と手、つながる!明るい未来~」に招かれて行ってきました。3か月ほど前にも同じく佐倉青年会議所主催の大きなイベントに行ってきたのですが、またまた、大きな催しでした。佐倉市の草ぶえの丘、実は中に入るのは初めてだったのですが、軽い起伏がある大きな芝生の広場があり、催しには最適な空間でした。そこに、30くらいの団体が出展して、実に楽しい空間を作っていました。コロナ下で開催が危ぶまれましたが、決行した主催者に敬意を表します。

『笑顔deつながる ふくしフェスタ』開催のお知らせ | 公益社団法人 佐倉青年会議所 (sakurajc.or.jp)

公益社団佐倉青年会議所の理事長は、狛義和さん、八街市社協の幹部職員で、生活困窮者自立支援事業等にかかわっています。自宅も八街だというのに、なぜか佐倉市の青年会議所理事長に。しかし、彼が理事長になってから、明らかに活動が目に見えて活発になってきたように思います。

地域の活性化のためには、「よそ者、若者、馬鹿者」が必要という格言(?)を聞いたことがありますが、大切なのは、地元者とよそ者のコラボです。また、若者と年寄り者のコラボも大切です。青年会議所メンバーの親世代が商工会議所を構成しています。風の村は、商工会議所、中小企業家同友会に加盟していますが、福祉の領域を超えた、若者、年寄り者、地元者、よそ者のコラボが地域共生社会の実現にとって不可欠だと考えるからです。そうした観点から、佐倉青年会議所の馬鹿者ぶりには、心から拍手を送ります。

さて、昨日の花です。

檜扇水仙、ガマ、ドウダン

百合、アンスリウム、シンフォリカルポス

グロリオサ、粟

コメントフォーム

CAPTCHA